次回の例会案内

神奈川歴史研究会第342回月例会のご案内 (New!!)

第342回月例会を下記の通り開催いたします。
会員以外の方のご参加も歓迎いたします。是非共ご参加下さい。

日時 令和元年5月19日(第3日曜日)13時30分~17時00分 (開場:13時00分)
会場 藤沢市民会館(会館棟2F) 教養室
藤沢市鵠沼東8-1 (藤沢駅南口より徒歩約10分)
会費 1,000円(資料代含む)
>>藤沢市民会館についての説明はこちら→

演題①  「苗字の地域別特徴と家紋」
講師   新藤正則氏
1.苗字の地域別特徴
苗字の分布も地域によって特徴があります。東北地方では「佐藤」姓が一番ですが、関東地方では「鈴木」が一番です。長野県では「小林」が一番、山梨県では「渡辺」が一番。関西地方では「田中」や「山本」が一番です。四国・九州では県毎に一番が異なります。
このような苗字の分布を都道府県別に述べます。
2.難読苗字
「四十物」、「率川」、「七五三」、「小鳥遊」、「月見里」のような苗字がありますが、読めますか。このような難読苗字を紹介します。
3.家紋について
殆どの家には家紋が伝わっていると思いますが、昨今では家紋を使用する機会も減って来ています。しかし「家紋」は日本文化の一つです。家紋の歴史と意味について述べます。

演題②  「長屋王と周辺の人々」
講師   橋本和子氏
長屋王は天武天皇と天智天皇双方の孫であり、妻の吉備内親王は草壁皇子と元明天皇の娘である。このような高貴な血筋と政治能力に優れ、左大臣と言う政界トップの座にありながら、なぜ突然藤原四兄弟によって死に追いやられたのか。そこにはいろいろな原因があると思われるが、真相ははっきりわかっていない。この時代に書かれた続日本紀にもとづき、そのあたりについての説明をしたいと思います。

その他 二次会あります。(会場未定)

会員以外の方で月例会に参加を希望される方はメールでお申込みをお願いします。
>>メールでのお申し込みはこちら→

藤沢市民会館について

>>藤沢市民会館についての説明はこちら→

グーグルマップ