鎌倉四季の花 (井上誠一) ( 七 月 )

鎌倉四季の花( 七 月 )  【蓮=はす】

鶴岡八幡宮の源平池の蓮の花が綺麗です。白と桃色の二種類です。蓮の花は朝早く開くといいます。源平池は源頼朝が造らせました。

寿永元年(一一八二)四月専光坊・大庭景義らを奉行として掘ったもので、東池(源氏池)と西池(平家池)にわかれています。北条政子が東池に白蓮、西池に紅蓮を植えさせ源平の旗色を現わした物と云われています。源氏池の方が多少大きいようです。

蓮1

(撮影 武士俣 光也氏)

鎌倉の東池の蓮は7月2日現在 まだ蕾みが堅く白蓮も紅蓮もボチボチ開花が見られる程度です。これは西池も同じです。7月中旬には艶やかな蓮池が見られるでしょう。

蓮2

(撮影 武士俣 光也氏)

「鎌倉四季の花」月めくり

井上 誠一 プロフィール

井上誠一(いのうえ せいいち)。神奈川歴史研究会 前会長。
昭和9年横浜生まれ。明治大学商学部卒。平成4年日本冶金工業(株)を定年退職。
平成元年神奈川歴史研究会に入会、平成13年会長に就任。
平成28年逝去されるまで、当会会長を務められました。
昭和58年鎌倉に在住以来、中世都市鎌倉を愛し学び、
永年ボランティアガイドとして活躍されました。