会員の著書

会員の著書のご紹介

神奈川歴史研究会の会員の著書をご紹介します。

神奈川歴史研究会 創立30周年記念出版 『さがみの風2』

さがみの風2神奈川歴史研究会 創立30周年記念出版
『さがみの風2』

創立30周年を機に会員34名から寄せられた
歴史研究、論考、エッセイ、紀行文、物語集。

【執筆陣】浅見 実/池田勝宣/石井勇治
井上誠一/岩瀬秀敏/大坪宮子/加藤岩男
川瀬和男/杵鞭充千男/後藤幸彦
近藤正一/齋藤守弘/里見絢子/島口健次
鈴木美恵子/瀬戸 淳/高橋倭子
竹村紘一/津久井勤/都世子進/二階堂玲太
橋本和子/橋本欣之介/原田信作
武士俣光也/前田 豊/村本 博/持田信廣
山口文一/山内玄人/横山忠弘/横山正明
鷲澤 博/渡邊幸太郎 (以上、五十音順)
四六判308ページ・カバー・帯付き、2013年5月刊。
在庫僅少! 頒布価格1200円(会員価格1000円)、送料別途。
ご注文とお問合わせは「問い合わせメール」をご利用ください。
>>メールでのお申し込みはこちら→

ぶらり[観光と歴史]の旅 (New!!)

観光と歴史の旅ぶらり[観光と歴史]の旅
高橋倭子 著
総合出版社 歴研 刊
2017年9月30日発行
A5版 224ページ

日本全国 心ゆたかに人生を楽しむ名所旧跡の道しるべ。
『歴史研究』誌に10年103回にわたり連載された珠玉の旅随想集!
紀行文のテキストとしても必備の1冊と大好評。

定価:1,200円+税
注文先:歴史研究会サービスセンター
〒141-0031東京都品川区西五反田2-14-10-504
TEL.03-3779-3127

静寛院宮(和宮)様御一代記

静寛院宮(和宮)様御一代記静寛院宮(和宮)様御一代記
竹村紘一 著
四六判 96ページ
2015年9月30日 発行
編集進行&エディトリアル・デザイン
武士俣光也
印刷・製本 株式会社 ナカノ

増上寺で毎年挙行される和宮(静寛院宮)の奉賛法要に本年も含めて過去数回参列させて頂いている。八木大僧正以下全山の高僧が威儀を正しての法要は厳粛且つ荘厳なものである。廃仏毀釈の時代に増上寺での仏式葬儀を望まれた和宮に対する増上寺の報恩ともいうべきものがあると思う。朝幕対立を緩和すべく私を捨てて公に尽くさんとした和宮の凛たる決意や、皇族でありながら神式葬を排して、夫君家茂公の婚家徳川家の菩提寺での仏式葬を遺言された和宮の心情にも深い感動を覚え一代記の作成を試みたものである。(竹村)

価格1,000円(税込)
※会員には割引あり。購入御希望の方は下記までご連絡を(送料無料)。
なお東京都港区芝・増上寺安国殿にても販売中。
〒216-0003 川崎市宮前区有馬5-7-11 竹村紘一
電話・FAX:044-853-0498

正史三国志将星伝

正史三国志将星伝正史三国志将星伝
竹村絃一(著者・発行者)
四六版335ページ
ISBN:978-4-939032-22-6

これが三国志だ…事実は小説より奇なり
後漢末期に黄巾の乱が勃発、それを機に各地に英雄豪傑が蜂起し激しい逐鹿戦を展開するが、やがて曹操、劉備、孫権の三勢力に収斂して行く。董卓、呂布、袁紹、袁術、公孫瓚、劉表、馬騰等の群雄や彼らを支えた武将や参謀を数多く収録した。「演義」は講談的で荒唐無稽な面が多い物語であるが、本編は、演義が書かれる元になった史書「正史三国志」を中心にその実像に迫ることによりこの時代を活写してみたいと思う。

 

ご購入ご希望の方は著者までご連絡をお願いいたします。送料無料にて送付させて頂きます。
著者:竹村紘一
〒216-0003 川崎市宮前区有馬5-7-11
電話&FAX:044-853-0498
定価:1200円(税込)

楚漢群雄伝「項羽と劉邦を巡る人々」

楚漢群雄伝楚漢群雄伝「項羽と劉邦を巡る人々」
竹村絃一(著者・発行者)
四六版・247ページ
ISBN:978-4-939032-23-3

柔よく剛を制す
始皇帝没後、各地で群雄が挙兵し世は騒然とするが、反秦勢力は西楚の覇王項羽と漢王劉邦の二軍団に収束されて楚漢抗争時代に入る。一本気で剛直な項羽と老練にて柔軟性に富む劉邦の性格の差が最後は勝負を決することになる。項羽にも良い部下がいたが、劉邦には、張良、韓信、䔥何の三傑と猛将英布、彭越が味方し遂に項羽は滅ぶ。多くの勝機を逸した項羽が、劣勢であった劉邦に敗れるのは実に悲劇的であり『史記』の名場面である。

 

ご購入ご希望の方は著者までご連絡をお願いいたします。送料無料にて送付させて頂きます。
著者:竹村紘一
〒216-0003 川崎市宮前区有馬5-7-11
電話&FAX:044-853-0498
定価:1000円(税込)

徐福と日本神話の神々

徐福と日本神話の神々
徐福と日本神話の神々
前田 豊 著
彩流社刊
四六判 203ページ
2016年1月15日発行

縄文から弥生時代の変わり目の頃、徐福一行は、秦始皇帝の命により、不老不死の霊薬を求めて、日本列島に渡来したと言われる。徐福伝承は、日本全国に点在しており、その歴史的存在の可能性はますます高まっている。本書は、日本各地の徐福伝承地の状況を整理し、徐福像の確立を目指すと共に、徐福一行が日本神話の神々として敬われていることに気付き、その論証を行い、日本文化への影響を探った画期的な書物と言える。
ISBN978-4-7791-2193-7
定価 2000円+税
ご注文、お求めはお近くの書店で。ネット書店アマゾンでも購入できます。

徐福王国相模 ~古代秘史・秦氏の刻む歴史~

徐福王国相模徐福王国相模 ~古代秘史・秦氏の刻む歴史~
前田豊 著
彩流社刊 2010年8月15日発行

神奈川県大山の山岳信仰に関連して、山梨県の道志村に残る伝説で、秦の徐福が蓬莱山なる富士に不老不死の仙薬があると聞き及び、五百人の童男童女を使わして求めたけれども得ること難く、相州大山までの連山を訪ね探して秦野に移住し、この地を蓬莱山と呼んで五百人の男女はここに帰化してしまった、と神奈川県:伊勢原町勢誌にある。この地域の徐福伝承を整理し、徐福一行の活躍地であったことを論証する。

ISBN-13: 978-4779115509
定価2,000円+税
ご注文、お求めはお近くの書店で。

消された古代東ヤマト~蓬莱の国東三河と徐福~

消された古代東ヤマト消された古代東ヤマト
~蓬莱の国東三河と徐福~
前田豊 著
彩流社刊 2003年2月15日発行

東三河の石巻山周辺には神社仏閣が異常に多く、この地の伝承を調査すると、日本神話の舞台が湧きあがってきた。古代神都・東三河の出現である。その後この地域の様々な郷土史をひも解くと、徐福伝承、アマテラス大神伝承、持統天皇の来訪の歴史が存在した。そこで東ヤマトがこの地域に存在したが消されたとの結論に到達し、それを裏付ける資料を取りそろえて紹介した。

ISBN-13: 978-4882027904
定価2,000円+税
ご注文、お求めはお近くの書店で。

横山忠弘著作集

横山忠弘著作集横山忠弘著作集
横山忠弘 著・日本著作集編集委員会 編
A5判 288ページ
2015年8月2日発行
総合出版社 歴研 刊

平成4年4月、私が歴史研究会(本部)に入会してから25年1月までの21年間、『歴史研究』誌(主に「テーマ特集」ページ)に発表してきた研究論文、エッセイ43篇に加え、私が所属する神奈川歴史研究会、横浜歴史研究会、中文会それぞれの会報「歴研神奈川」「歴研よこはま」「ちゅうぶん」各誌に発表した作品など15篇を合わせた全58篇。まさに私の歴史との出会いから今日に至る歴史研究作品の集大成です。
>>詳しい内容はこちら→

3,000円+税(歴研本部会員には割引あり)
注文先 歴史研究会サービスセンター
〒141-0031 東京都品川区西五反田2-14-10-504
TEL 03-3779-3127

横山忠弘著作集Ⅱ

横山忠弘著作集Ⅱ横山忠弘著作集Ⅱ
横山忠弘 著・日本著作集編集委員会 編
A5判 192ページ
2016年8月15日発行
総合出版社 歴研 刊

会報各誌に発表してきた作品40篇を19篇に絞り込んだ、『横山忠弘著作集』の第2弾です。

2,000円+税(歴研本部会員には割引あり)
注文先 歴史研究会サービスセンター
〒141-0031
東京都品川区西五反田2-14-10-504
TEL 03-3779-3127

 

 

電子書籍 “ジンギスカン即源義経説” 流布の顛末

ジンギスカン即源義経節流布の顛末電子書籍
“ジンギスカン即源義経説”
流布の顛末
池田勝宣 著

成吉思汗即源義経説の経緯・中外経緯伝・間宮林蔵・松浦武四郎・福沢諭吉と関係の人々・明治大正昭和の新聞記事等「ジンギスカン即源義経説」の源流と流布の背景を考察。

この書籍はウェブサイト上に掲載した「電子書籍」です。
本作品の他に「歴史シリーズ」として『義経不死伝説の声を聞く』(2011年作)、『仏教伝来の道物語』(2013年作)の2作品も併載しています。

>>ダウンロードはこちらから→

神奈川歴史研究会 月例会200回記念出版 『さがみの風』

さがみの風神奈川歴史研究会 月例会200回記念出版
『さがみの風』

神奈川歴史研究会が毎月重ねた例会が200回を超えたのが2005年、それを記念して出版されたのが『さがみの風』。これが初刊で、その後の『さがみの風2』に続くことになります。執筆した会員は29名に達し、各地の歴史研究会にも大きな話題を提供しました。

【執筆陣】浅見 実/池田勝宣/井上誠一
岩瀬秀敏/大坪宮子/小野田さかえ
杵鞭充千男/工藤武人/熊沢 晶/後藤幸彦
近藤正一/齋藤守弘/里見絢子/鈴木武夫
瀬戸 淳/多賀高朗/竹村紘一/二階堂玲太
仁科晴彦/橋本和子/原田信作/前田 豊
宮島欽司/持田信廣/山口文一/山内玄人
湯川安雄/横山忠弘/渡邊幸太郎 (五十音順)
四六版256ページ・上製本・カバー帯付き。2005年12月、松風書房刊。
在庫ナシ、国会図書館、藤沢市などの図書館で閲覧できます。