神奈川歴史研究会【神歴研】は在野歴史研究者と歴史愛好者の集いです。月例会での【研究発表】や、鎌倉や近郊の史跡を訪ねる【歴史散歩】を行っています。

ようこそ !! 【神奈川歴史研究会】のホームページへ !!

神奈川歴史研究会第345回月例会のご案内 (New!!)

第345回月例会を下記の通り開催いたします。
会員以外の方のご参加も歓迎いたします。是非共ご参加下さい。

日時 令和元年8月18日(第3日曜日)13時30分~17時00分 (開場:13時00分)
会場 藤沢市民会館(会館棟2F) 教養室
藤沢市鵠沼東8-1 (藤沢駅南口より徒歩約10分)
会費 1,000円(資料代含む)
>>藤沢市民会館についての説明はこちら→

演題①  「西行法師の和歌と神奈川とのかかわり」
講師   津久井勤氏
西行の和歌を中心に、陸奥や四国への旅を採り上げる。ついで、旅の途中で相模に立ち寄って頼朝との会見、鴫立つ庵などゆかりのところを紹介します。

演題②  「生駒騒動とは」
講師   竹村紘一
江戸時代初期のお家騒動。四代藩主高俊は幼少で家督相続をしたため、家康や秀忠の信頼が厚い外祖父・藤堂高虎が後見役を務めていた。重臣前野助左衛門、石崎若狭は高虎に取り入り、国家老の生駒将監を讒言して排し、江戸家老として権力を握った。さらに、高俊の内室が幕府実力者の老中土井利勝の娘であることを利用し、利勝の名のもとに国政をほしいままに行うに至った。

高虎が病死するとその嫡男・高次が後見役となったが、苦労人の高虎と異なり愚物であり、高俊も暗愚の評があった。この状況が続く中で、将監没後に跡を継いだ嫡子・帯刀は、前野、石崎の横暴を十九ケ条に認め、寛永十四(1637)、幕府に訴えた。評定所何回かに亘る吟味の結果、生駒氏は領地没収され、高俊は流罪となったが、堪忍料として出羽矢島一万石を与えられた。前野、石崎は切腹、その一党は死罪に処された。

これに対し帯刀は松江藩へお預け、その他の反対派も他藩へお預け等の軽い処分で事件は落着した。生駒の名字は大和国平群郡生駒を本貫とする。藤原良房の子孫が生駒の地に移り住み本拠とするようになり、後に生駒を名乗るようになったという。応仁の乱の戦禍から逃れるため、家広の小折(こおり)の地に移住したと伝えられる。灰(染料用)と油を扱い馬借として商い財を蓄え小折城を居城としていた室町時代から江戸時代以後までの武家商人である。尾張生駒氏が宗家とされ、その分流に阿波生駒氏が派生する。その他に養子分家の土田(どた)生駒氏(美濃生駒氏)がある。

本稿は土田生駒氏の話である。生駒豊政の妹が嫁いだ土田氏から親重(土田政久)を養子に迎え生駒姓を与え養子分家としたのが始まりであり、土田氏には信長の祖母・いぬゐ、母・土田御前がおり、婚姻を通じて織田家との関係を深めていた。親重の嫡男・親正は信長・秀吉に仕え重用された。慶長二年(1597)に親正が讃岐十七万石を与えられた。親正は豊臣政権の三中老として遇されるなど重用されていたが、慶長五年(1600)の関ヶ原の戦いでは家門の存続を図るため親正が西軍に属する一方で、親正の長男・一正が東軍に属して戦い、戦後、丸亀城から高松城に移る。

余談であるが、信長の寵愛を受けて側室となり、信忠・信雄・徳姫の三人の子を産んで正室同然とされた生駒吉乃(きつの)(生駒家宗女)は尾張生駒氏の生駒家宗の長女である。吉乃は作者の造語で本名ではないとされている。

その他 二次会あります。(会場未定)

会員以外の方で月例会に参加を希望される方はメールでお申込みをお願いします。
>>メールでのお申し込みはこちら→

神奈川歴史研究会とは

新年講演会
神奈川歴史研究会は在野歴史研究者と歴史愛好者の集いです。藤沢市を活動拠点とし、神奈川県人に限らず、古代から近世まで、歴史を愛し探究するメンバーが集まり、毎月例会を開いて、会員有志がそれぞれの研究成果を発表(毎回2名)、時には外部からも講師を招いております。
>>最新の研究発表はこちら→
歴史散歩
例会の後には懇親会を持って歴史を語り合い、会員同士の交流を深めています。

さらに春と秋には、鎌倉や近郊の史跡を訪ねる歴史散歩も行っております。

>>最新の歴史散歩はこちら→

 

 

さらにこの会をもっと広く世の中に発信したいと、会員みんなで作るホームページ「神奈川歴史研究会」を2014年にスタートしたわけです。

当会の発足は1983年6月。実績すでに30年を超え、重ねた例会も300回を超えました。会員は現在50余名。例会には会員以外の方の参加も大歓迎、また入会希望者にはいつでも門戸を開いております。歴史大好きなあなたも仲間に入りませんか?

 

当会に入会を希望される方、月例会に参加を希望される方はメールでお申込みをお願いします。
>>メールでのお申し込みはこちら→

神奈川歴史研究会

H31年度定期総会記念写真

平成三十一年度定期総会

会長  :竹村紘一
副会長 :浅見実
事務局長:槙良生
理事  :川瀬和男、小林道子、橋本和子、橋本欣之介、
     武士俣光也、山内玄人、渡邊幸太郎
監事  :里見絢子
顧問  :横山忠弘、高橋倭子
連絡先 :〒216-0003 川崎市宮前区有馬5-7-11 竹村紘一
TEL   :044-853-0498